高野山大学 フジキン小川修平記念講座
宇宙の摂理への想い

講演会について

宇宙写真

高野山大学では、株式会社フジキン会長 小川洋史氏より、故 小川修平氏のご遺志として遺贈された寄付金をもとに、「高野山大学フジキン小川修平記念講座講演会」を開催しております。
 この講演会は、「宗教と科学の対話」をテーマに、宗教的な事象に科学の視点を織り交ぜながら、光を当てていきたいとスタートしました。
 今日、科学の急速な発展に伴い、我々を取り巻く環境も、数十年前と比べて変化しています。同時に、現在社会をにぎわせている原子力発電の問題や生命倫理の問題、環境問題やストレス社会の現状など、人間の存在をゆるがせかねない様々な問題も浮き彫りとなってきています。一方で、宇宙とは何か、生命とは何か、環境とは、こころとは、といった根本的な問いについては、未だ不明瞭な点が多いことは否めません。

 高野山大学では、宗祖弘法大師空海がもたらした真言密教の教えに基づく宗門大学として、このような現代社会の諸問題に対し、「21世紀高野山医療フォーラム」や「高野山大学いのちのセミナー」などの公開講座を設け、様々な意見や考えを社会に向けて発信してまいりました。
 真言密教では、山川草木すべてのものが生きており、自己と本来的には同質のものであるという壮大な生命観・宇宙観を有しています。この密教を中心とした精神文化の研究において豊かな蓄積を持つ高野山大学が、現代的な諸問題の解決にわずかながらでも貢献できるとすれば、こうした伝統を土台にして、「宇宙」や「生命」といった根本的な問いを巡る、終わりなき対話に参加していくこと以外にないと考えます。

 この「高野山大学フジキン小川修平記念講座講演会」を通して、現代社会の抱える問題に真言密教はどのように応えることができるのかという社会的期待に応えるとともに、この講演会を通して一人でも多くの方に、現代の諸問題を考える上での一つの道標を示すことを、私たち高野山大学は目指しております。

蓮と宇宙の写真

フジキンとは

フジキン写真

株式会社フジキンは、1930年の創業以来、常に極限に挑戦し、技術の究極を超えることを企業ポリシーとしておられます。株式会社フジキンの創りだす特殊精密バルブ機器を代表とする、超精密ながれ(流体)制御システムは、陸・海・空・宇宙の多彩なフィールドで貢献する製品として、研究創造開発を絶え間なく行っています。「常に極限を超える。」株式会社フジキンはその言葉を胸に、世界のフジキンを目指して日々チャレンジしておられます。

第15回 高野山大学 フジキン小川修平
記念講座講演会

「第15回 高野山大学 フジキン小川修平記念講座講演会」は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み中止となりました。
変わりまして、公演予定でした内容を収録したものを配信いたします。

講演動画

宗教と科学 - 仏教の視点から -

竹村牧男 先生

仏教の中に唯識思想がある。インドで5世紀頃大成され、玄奘三蔵が中国に持ち帰り、日本にも伝来して興福寺、薬師寺などで研究された。唯識思想は、世界は心が描き出しているにすぎないと説くが、その背景には、世界の精緻な科学的分析と、言語・認識・存在をめぐる哲学的究明とがある。しかもそれらが一体となって、人間にとってもっとも根本的な問題に関わる宗教的了解をもたらしている。本講では、唯識思想の概要とその華厳や密教への展開について解説しながら、そこにある科学と哲学の特質を探究するとともに、その現代的な意義について考察したい。

竹村牧男先生

竹村牧男 先生

昭和46年6月 東京大学文学部卒業
昭和50年4月 東京大学大学院博士課程(印度哲学)中退同年5月  東京大学文学部助手に就任。
以後、文化庁文化部宗務課専門職員、三重大学人文学部助教授、
筑波大学助教授(哲学・思想学系)、同教授を経て、平成14年、
東洋大学文学部教授に就任。
後、平成21年9月に東洋大学学長となり、令和2年3月末日まで務めた。
平成14年 筑波大学名誉教授に就任。
著作に、『入門 哲学としての仏教』、『ブッディスト・エコロジー』、『空海の哲学』、その他、多数あり。

「星の最期とその後」

川中宣太 先生

夜空に見える星は、そのほぼ全てが太陽と同じように自ら輝いている「恒星」と呼ばれるものである。実はこれらの恒星は永遠に輝きつづけることはできず、いつかその一生を終える。しかし、その最期を迎える瞬間やその後に残される天体は、生きている星には見られないような激しく活発な振る舞いを示すことが分かっている。 本講演では、星が第二の人生を送る中で見せる現象やそれらの観測手法について専門用語をなるべく使わずに紹介し、最新の研究で何が分かってきたかについてもお話したいと思う。

川中宣太先生

川中宣太 先生

2008年京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター特任研究員、高エネルギー加速器研究機構博士研究員、ヘブライ大学ポスドク研究員、東京大学理学系研究科助教を経て2016年より現職。
専門は高エネルギー宇宙物理学の理論的研究。特にブラックホール降着円盤、高エネルギー宇宙線、銀河系内ブラックホール探査に興味を持っている。

過去の公演情報:公開準備中
open_campus

高野山大学 Koyasan University

open_campus