【理念】記憶の融合と創造

高野山大学大学院は、古きと新しきを融合させ、日本とチベット−アジアを横断する密教の絆を深めていく。究極のゴールは、いかに遠くとも、密教の継承−総合−創造−である。そこではいかなる壁もない。あらゆるゲートから入り、あらゆる出口が発見できる。

昭和27年の修士課程設置認可に始まった高野山大学大学院は、その後昭和44年に博士課程設置の認可を受け、今日に至っています。その間、とくに密教学の最高学府として国内外において揺るぎない地位と評価を得てまいりました。世界に先駆けてのチベットラダック地方の学術調査の圧倒的な成果や、『続真言宗全書』、『定本弘法大師全集』の校訂編纂、高野山国際密教学術大会の開催など、大学院関係者がそれぞれに果たした役割は、枚挙にいとまがありません。

このような歴史の上に、平成15年度より通学制の修士課程に、従来の「博士前期課程(コース)」に加えて、社会的な要請に応えるべく「社会人コース」と、高度な専門知識を有する僧侶を養成する「僧侶コース」を新設しました。

平成16年度に生涯学習の一環として設置した「修士課程密教学専攻 通信教育課程」は、幸いにも予想を超える多くの方々に受講いただいています。弘法大師空海、密教、高野山に対する関心の高さと期待のあらわれでありましょう。また、平成17年度からは、京都・宗教系大学院連合(K−GURS)に加盟し、授業科目の相互提供(単位互換制度)など、学術研究の幅広い連携を行っています。

大学院組織図

重要文化財 高野山大学図書館所蔵 『 大毘盧遮那成佛神変加持経巻第一~第七』 奈良時代

[修士課程]密教学専攻 仏教学専攻

高度な実践力と理論の修得を目指します。

密教学・仏教学のさらに深い研究に取り組みたい方に用意される大学院。「修士課程」は、密教への深い理解に到達した後継者の養成を目指すと同時に、社会人の方々にも開かれた研究環境を用意しています。本課程では、研究はもとより、中院流聖教伝授のような密教の高度な実践と理論の修得に努めます。本課程を修了するには学位論文の提出が求められます。

基礎科目
密教学講義(密教基礎知識の養成)
インド学講義(インド・チベット密教の図像資料の研究)
仏教学講義(仏教の思想と文化)
祖典演習(『辯顕密二教論』を読む)
主要・関連科目
『秘蔵宝鑰』を読む
『御請来目録』を読む
『大日経』を読む
『宿曜経』を読む
『御遺告』を読む
『秘密宗念仏鈔』を読む
『理趣経』原点の読解
『発心集』を読む
梵文『宝性論』読解
インド・チベット仏教戒律思想史
天社神道の研究
平安時代の古文書読解
仏教の新潮流と密教
プトゥン『仏教史』の研究
宗教と科学
ゴルドン文庫の研究
葬送儀礼の実践習得
秘密事相の研究
理趣経法の研究
秘密修法の実践
共通科目
仏像のかたち
ヴィパッサナー瞑想実践

[博士後期課程]密教学専攻 仏教学専攻

真言教学における次世代のリーダーを養成します。

「博士後期課程」は、博士(密教学)、博士(仏教学)を養成する課程です。修士課程で得た学識をさらに発展させ、独創的な見地から研究活動に取り組める専門研究者を目指していただきたいと思います。本課程の修了者は、宗教界でも重要な位置を占め、真言教学における次世代のリーダーとして、密教のこころを未来に伝えていく責務を担っていただくことになるでしょう。

密教学特殊演習・仏教学特殊演習
  ※博士課程の院生の研究テーマについて、院生と指導教員が一対一で行う演習講義
密教学特殊演習のテーマとしてインド・チベットの成就法を読む
仏教学特殊演習のテーマとして三経義疏などの講義を開講

学位取得までのプロセス

後期課程1年次
4月「研究計画書」を、指導教員による通覧を経て、提出する。
2月「研究成果報告書」を提出し、第1年次の研究指導を受ける。
後期課程2年次
2月「研究成果報告書」を提出し、第2年次の研究指導を受ける。
後期課程3年次
4月「資格申請書」を提出し、審査に合格すれば「課程博士論文提出資格」を得る。
11月「課程博士論文」を提出。

・博士後期課程第3年次において論文を完成できない場合
(a)第3年次4月末までに「資格申請書」を完成・提出できなかった場合
(b)同年次11月に論文を提出できなかった場合

上記(a)、(b)のような場合、「資格申請書」および課程博士論文提出の機会は、在籍中に限り、それ以後1年ごとに与えられる。
博士の学位は、修士課程または博士前期課程を修了したのち、博士後期課程に3年以上在学し、所定の専門科目を修得し、かつ学位論文を提出して、その審査および最終試験に合格した者に授与される。

博士学位取得者

学位の種類 学位記番号 氏名 論文題目 取得年月日
博士(密教学) 博甲第1号 松長 恵史 インドネシアの密教 H8/3/15
博士(仏教学) 博甲第2号 北原 裕全 『多様不二照明論』の研究 H8/3/15
博士(密教学) 博甲第3号 川﨑 一洋 初期無上瑜伽タントラの研究
ー曼荼羅とその儀礼を中心にー
H17/6/21
博士(仏教学) 博甲第4号 静 春樹 ガナチャクラの研究
ーインド後期密教が開いた地平ー
H17/6/21
博士(密教学) 博甲第5号 北川 真寛 『渓嵐拾葉集』の研究
ー日本密教の観点からー
H18/6/21
博士(密教学) 博甲第6号 土居 夏樹 『辯顕密二教論』の研究
ー法身説法と顕密対辯ー
H19/6/21
博士(密教学) 博甲第7号 高岡 隆真 近代真言宗史の研究
ー明王院増隆の活動を中心としてー
H19/6/21
博士(仏教学) 博甲第8号 波多野 智人 中世前期高野山の構造
ー金剛峯寺と大伝法院を中心としてー
H20/6/11
博士(密教学) 博甲第9号 ユルコヴィッチ・シュミッ ト・サンニャ Kōbō Daishi Kūkai’s Esoteric Approach to Mind
―with and annotated translation of the stages six to ten of the Himitsu mandara jūjūshinron―
(心に対する弘法大師空海の密教的アプローチ)
H22/1/20
博士(密教学) 博甲第10号 中谷 征充 弘法大師空海漢詩の研究 H22/1/20
博士(密教学) 博甲第11号 柴谷 宗淑 江戸時代前期の四国遍路の実態
ー澄禅『四国辺路日記』の検証を通してー
H25/3/15
博士(密教学) 博甲第12号 真田 尊光 草創期唐招提寺の歴史と美術
ー戒壇と廬舎那仏像を中心にー
H25/3/15
博士(密教学) 博甲第13号 徳重 弘志 『理趣広経』の研究 H26/3/15
博士(密教学) 博乙第1号 越智 淳仁 法身思想の展開と密教 H14/3/11
博士(密教学) 博乙第2号 武内 孝善 弘法大師空海の研究 H19/5/21
博士(密教学) 博乙第3号 劉 永増 敦煌石窟壁画に見る密教系
菩薩経変画の研究
H21/2/12

在籍者インタビュー

大学院修士在籍中 高柳 健太郎

規模の小さな大学だからこそ、
ゼミや講義で先生方とお話をする機会も多くなり、学べる機会も多いです。

高野山大学入学の経緯

私は、高野山大学に入学する以前は、他の大学の農学部で、開発経済学を学んでいました。その時、「開発の理念を学ぶうえで、様々な世界観・価値観を知るべきだ」という、当時の指導教授の方針で、仏教思想の講義を受講しました。それがきっかけで、仏教に興味をもち、大学を卒業後、高野山に参りました。高野山では、はじめ、お寺に住み込みで修行をさせていただき、その後、もっと専門的に仏教思想を学びたいと考え、大学院に入学しました。

高野山大学について

入学式の時に、松長有慶管長猊下から「大学の四年間は、好きでも嫌いでもいいから弘法大師に熱中してほしい」というお言葉を賜りました。
私には、その言葉がとても印象的でした。そして大学に入ると、様々なテーマで研究に熱中する先生方をまのあたりにしました。高野山大学は、規模の小さな大学ですので、ゼミや講義も少人数で、自然、先生方とお話をする機会も多くあります。
まじめな議論もしますし、雑談もしますが、直接話をすることで、研究の題材や方法について多くの示唆をいただけます。講義で教わることよりも、こうした会話から学ぶことのほうが多いかもしれない、時々そのように感じます。
そして何より、研究に熱中する先生方からは、研究することの楽しさが伝わってきます。
とりあえず、研究はおもしろいです。私も毎日楽しんでいます。

大学院修士在籍中 小田 龍哉

高野山は町全体が
学びの雰囲気に満ちています。

高野山に来る直前までは、翻訳関連の仕事をしていました。社会人コースで大学院に入学し、実はいまも仕事はつづけているのですが、なるべく学業に専念したいので、仕事量は減らしてもらっています。
以前の大学では、芸術学を学ぶ学科に在籍していました。宗教とアートというと、一見なんの関連もないように思われるかもしれません。しかし、さまざまな手段を使って世界のありようを表現するのがアートであり、祈りや修行をつうじてさとりに迫ろうとするのが宗教であるなら、宗教とアートはたがいにとても親和性のある分野といえるのではないでしょうか。

高野山大学では、明治時代の仏教について研究しています。いまから150年ちかく前の当時、否応なく押し寄せてきた近代という状況のなか、仏教者たちがどのように自らの教えや社会と向き合ったのか。彼らのさまざまな思いや葛藤について考えめぐらすことで、現代を生きるわたしたち自身にとっても有効な問いを見いだすことができればと思っています。

学長先生もおっしゃるように、高野山は町全体が学びの雰囲気に満ちています。都会でいくら本を読んでもなかなか発見できないようなことが、山内では日常の風景としておこなわれていたりします。ここでしかできない研究ができるという点において、高野山大学は掛け値なしに希有な環境です。

「さらに詳しく知りたい」「実際に現地を見てみたい」という方へ

詳細資料や、学校見学の機会も設けております。ぜひ、ご利用ください。

  • 資料請求はこちら
  • 学校見学のお申し込みはこちら

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ