宗門関係者の方へ 貴山のニューリーダーを育てる、僧侶人材の宝庫として

「我が子や親類縁者の子を僧侶にしたいが、どこか良い大学はないだろうか? 」
「門弟や跡取りとして、きちんと学んだ優秀な僧侶の人材が欲しい」

――ぜひ本学への入学、あるいは本学で学んだ学生の採用をお考え下さい。
高野山は弘法大師によって弘仁7年(816)に開創されました。承和2年(835)年に、真言宗年分度者3人が認められ、それ以来歴史的変遷を経ながらも勧学会の制度が連綿と続いています。平成24年度からは、専修学院との提携を実施しています。それとともに、「僧侶実力養成プログラム」を設けて、寺院後継者の僧侶としての力の向上をはかっています。
この密教の中心地において高野山大学は次世代の真言密教を担うリーダーを自信をもって育成します。

本学での行事

報恩日(平座理趣三昧法要・講演・廟参)

弘法大師空海は、承和2(835)年に高野山において御入定されました。 本学では、休暇日と、土曜、日曜、祭日・1月を除く毎月21日の午前中に平座の理趣三昧法要を行っています。法要終了後、各種講演会を開催しています。講演会終了後、高野山奥の院の御廟に参拝します。奥の院に直接参拝するのが、本学の報恩行事の特徴です。

宗祖降誕会

毎年6月15日に、大師教会にて執行される法会に参列します。 高野山では6月15日に青葉祭りが行われ全山をあげて弘法大師空海の誕生を祝い各種行事が行われます。 様々な行事に学生も参加します。

追悼法会

毎年学祭期間中に本学教職員並先輩物故者の追悼法要をおこなっています。 法会は学生主体でおこなわれて、声明・常用経典の練習に励みその成果を披露します。

朝礼講話

毎日午前10時40分から11時まで、204号教室において御法楽を捧げた後に、本学の教員による講話をおこなっています。 毎年6月15日に、大師教会にて執行される法会に参列します。

高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ