学外連携施設

  • 高野山専修学院
  • 高野山専修学院
  • 高野山霊宝館

高野山専修学院

高野山内にある高野山専修学院は、数ある真言宗の修行道場の中でもとりわけ高い評価を受けている僧侶の養成機関です。毎年80名近い修行僧が集まり、1年間共同生活をしながら勉強や修行に励んでいます。

高野山大学では、この高野山専修学院で学ぶ授業や実修を、文学部密教学科第2学年の科目として開講する制度を平成24年度からスタートしました。

これまでは専修学院で学ぼうとすれば、本学で4年間学んだ後さらに高野山専修学院で1年間学び、トータル5年の期間が必要でした。しかし平成24年度から本学の学生は、本学在籍の4年間の間に大学と専修学院の両方を修了して真言宗の僧侶になることができます。中身の濃い学びによって、早くひとつの目標にたどり着くことができる新しい制度です。僧侶を目指す学生のやる気や情熱を応援します。

学外施設(高野山専修学院) 利用制度

制度の概要

第2学年次に学外施設(高野山専修学院)において開講する授業科目を履修することにより、本学の開講する必修科目・選択科目と同等の科目とみなし、単位として算入することが出来ます。
なお、この制度を利用する方は、当該年度の学費のうち、授業料の半額が免除されます。
制度の詳細については、学外施設(高野山専修学院)における単位取得についてを参照してください。

※年度により多少の変更あり。

学外施設利用の条件

  • 1年次の必修科目(前期)単位を取得できた者
    (日本語、英語Ⅰ、漢文Ⅰ、空海の思想入門、弘法大師伝など。)
  • 1年次の選択科目(前期)単位がほぼ取得できた者
    (ここで30単位以上が目安。 通年科目の出席状況も評価基準になります。)

※これらの取得ができていない場合、3年次からの履修において4年間での卒業が困難となるため。

専修学院の学費

年間約150万円

2年次の経費

専修学院学費 約150万円
高野山大学教育充実費 22万円
授業料半額 34万円
合計 約206万円

学外施設(専修学院)における単位取得について

単位互換科目は当該年度の専修学院の開講科目と時間により変化します。

  1. 一年次必修・選択科目を確実に取得 36単位目安(重要)
  2. 二年次に専修学院で行をしながら授業をうける。
  3. 専修学院終了時に成績を専修学院から受け取り単位付与 (約26単位)
    (概論・概説および選択科目を含む)
  4. 三年次に二年次履修できなかった科目を履修
  5. 四年次必修科目十資格科目や選択科目を履修

申請期間

7月上旬〜下旬

対象者

第1学年在籍学生

申請方法

教務係に申請書を提出

審査結果

9月下旬に掲示にて通知

※この制度の利用(申請)とは別に、専修学院への申込みが必要です。

※専修学院の合否結果は教務係に必ず報告してください。

申請の流れ(予定)

[申込] 教務係 7月上旬〜下旬 → [許可] 教務係 9月下旬 → [許可] 専学 10月下旬〜11月中旬 → [受験] 専学 11月下旬 → [合否発表] 専学 11月末 → [報告] 教務係 12月中
高野山専修学院 詳細資料(PDF)
高野山専修学院 ギャラリー

高野山霊宝館



1200年の歴史を持つ高野山には、弘法大師空海自筆の書籍をはじめとして各時代が残した多くの文化財があります。
しかし明治21(1888)年、高野山に大火があり、国宝等の文化財が消失しました。そこで山の文化財を守るために大正10(1921)年「高野山霊宝館」が建てられ、山の文化財の約90%が同館に収蔵されることになりました。

現在国宝21件、重要文化財141件などの指定文化財約28,000点のほか、約50,000点にのぼる未調査・未公開の絵画・彫刻・工芸品・書籍などが収蔵されています。

本学はこの高野山霊宝館と提携し、学芸員の指導による仏教芸術の講義を開講しています。貴重な収蔵品を教材に、本物の密教美術に触れるチャンスです。

高野山霊宝館


高野山大学は毎日がオープンキャンパス!詳細・申し込みはこちらから!

公益財団法人 大学基準協会

ページトップへ