学内専用サービス

相互利用の依頼

※サービスの対象となるのは、本学学生・教職員のみです。

相互利用

  • 相互利用とは、図書館間での相互協力に基づいて、資料の閲覧や貸出、複写などのサービスを利用者に提供するシステムを指します。

文献複写の依頼

  • 当館に所蔵していない図書や雑誌の複写を、他の図書館に依頼することができます。
  • 文献複写依頼の申込み方法には、OPACから申し込む方法と、所定の申込用紙を使って閲覧室カウンターに申し込む方法とがあります。
  • 複写料金および送料、依頼先への支払い時の手数料などは、申込者の負担となります。

現物貸借の依頼

  • 当館に所蔵していない図書の貸出を、他の図書館に依頼することができます。
  • 現物貸借依頼の申込み方法には、OPACから申し込む方法と、所定の申込用紙を使って閲覧室カウンターに申し込む方法とがあります。
  • 現物貸借の際に発生する往復分の送料は、申込者の負担となります。
  • 貸借された図書につきましては原則閲覧室内での閲覧のみとなっております。

紹介状の発行

  • 他大学図書館の資料を閲覧する際に必要となる紹介状を発行します。
  • 紹介状は閲覧室で発行します。所定の申込用紙を使って、閲覧室カウンターに申し込んで下さい。
  • 紹介状の発行には10日以上の余裕をもって申請してください。

送本貸出・文献複写申請 及び 貸出図書利用状況確認

※サービスの対象となるのは、本学学生・教職員のみです。

高野山大学教職員・通学生・通信生・科目履修生専用サービスを始めました。
蔵書検索のトップページにそれぞれのボタンがあります。PCの画面から、送本貸出・文献複写の申請と貸出図書の利用状況の確認ができます。利用に関しては、利用者コード(ID)とパスワードが必要です。
2012年8月末日でサービスを停止しました「マイライブラリ」のIDとパスワードが再利用できます。
再登録・未登録の方は下記より学籍番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレス及び任意のパスワード(英数字1ケタ以上)を明記のうえ送信してください。
なお、パスワードにつきましては「送本貸出・文献複写申請」「利用状況紹介」のそれぞれの場面から変更できます。(パスワードは各自責任を持って管理してください。)

蔵書検索(OPAC)

再登録・未登録の方はこちら