ご挨拶

図書館長のご挨拶

高野山のおもな知の集積とその発信機関としては、霊宝館と大学の図書館がありますが、とりわけ研究・教育において本学図書館の役割は大きいと思います。数多い大学のなかで多くの古典籍を有している大学は数少ない。古典籍10万冊にものぼる大学は数えるほどしかありません。活字本ではなく、写本や版本を実際に手にとって日本の文化の一端に触れてみませんか。「これが500年前に書かれた書物か、これは800年」というように驚きの連続です。本学図書館は教員・学生だけの図書館ではなく、「高野山図書館」として広く多くの人々に開放しています。どうぞ遠慮なく図書館にお越しください。図書館員は全力で利用者をサポートいたします。