お知らせ

在学生 2013.09.30

報恩日(ほうおんび)

高野山大学では、開講日の毎月21日を報恩日として、朝9時より、学生・教職員による法要、先生による講演が行われ、その後に奥之院の御廟への参拝を行います。
 学生は、輪袈裟と数珠、身分証を持参してください。僧分の学生は、なるべく法要に出仕できるよう空衣・白袈裟の衣帯で来てください。

※ 午前中の講義は行いませんが、午後の講義は開講します。
※ 輪袈裟・身分証を持参していない学生、作務服の学生は出席が認められません。ご注意ください。
※ 卒業までに定められた回数以上の参加が必要です。

開始時間 9時00分

 

報恩日(ほうおんび)とは
 高野山では、宗祖弘法大師空海・お大師さまが御入定(ごにゅうじょう)され た3月21日を『御影供』(みえく)と称し、全山をあげてお大師さまに報恩を奉げます。また毎月21日を報恩日とし、「月並(つきなみ)御影供」などの報 恩の法会・儀式が執り行われます。この日は、奥之院の御廟(ごびょう)に参拝するため廟参日(びょうさんび)とも言われ、たくさんの方々が御廟へお参りさ れます。

最近のお知らせ